HOME > 技術紹介 > フロンティアの精密プレス加工技術

News!2013/11 ヨロメキ加工についてUpしました・・・LinkIcon詳しくはこちら

フロンティアの技術

モーターケースモーターケース

モーターケース

内径ベアリング部の形状の板と板を折り返して密着させることが可能

板鍛造板鍛造

板鍛造

材料を板厚以上の成形して製品に3次元的要素を加えることが可能

接点ブレーカ製品接点ブレーカ製品

複合加工

複数の製品を金型内で制作して結合

『フロンティアにしかできないプレス金型』を提供していきます

プレス加工は金属等の加工方法の一つですが、様々な加工方法が存在します。  
一般的には、抜き・曲げ・絞り加工を金型内に取り込みプレス加工を行います。
しかし、当社では従来の加工方法だけではなく常に新しい塑性加工方法を探求しています。
お客様の製品に少しでも役に立つために、常に電機・自動車・弱電業界の世界動向に注視して
必要とされる技術に挑戦し続けます。

プレス部品プレス部品
プレス部品プレス部品
プレス部品プレス部品
プレス部品プレス部品
接点ブレーカ製品接点ブレーカ製品
デジタルカメラ用精密部品デジタルカメラ用精密部品
板鍛造部品(自動車)板鍛造部品(自動車)
板鍛造部品(自動車)板鍛造部品(自動車)
電流端子電流端子
板鍛造部品(自動車)板鍛造部品(自動車)
板鍛造部品(自動車)板鍛造部品(自動車)
パイプヘッダ(自動車部品)パイプヘッダ(自動車部品)
自動車部品(ガスケットリング)自動車部品(ガスケットリング)
デジタルカメラ三脚用部品デジタルカメラ三脚用部品
液晶バックライト用精密部品液晶バックライト用精密部品
携帯電話ケース携帯電話ケース



『フロンティア金型のプレス加工方法の特徴』

抜き
φ1mm以下の精密小穴抜加工。せん断必要な精密抜き加工
曲げ
製品を任意の形状に曲げるカーリング加工,ヘミング加工
絞り
φ1mm以下の精密絞り加工、一製品内に複数の絞り加工
板鍛造
材料を板厚以上の成形をするこで製品に3次元的要素を加えることが可能です
複合加工
複数の製品を金型内で制作して結合します